マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【ヅカナビ】花組「戦国BASARA」
ヅカファンとゲームファンの2つの熱気

2013年6月26日

 6月15日、渋谷の東急シアターオーブにて花組公演「『戦国BASARA』―真田幸村編―」の幕が開いた。いつになく早く、開演1時間近く前に着いたというのに、会場はすでにすごい人で、ただならぬ熱気に溢れていた。

 それはいつもの公演の初日とは違う異様な空気感だった。タカラヅカファンとゲームファン。普段はあまり出会うことのない、二種類の異なる熱気が入り交じっている。

 舞台が始まってからの客席もそうだった。期待と熱狂、笑いと拍手…その中にタカラヅカ初体験のゲームファンの驚きや、ゲームを知らないタカラヅカファンのとまどい、といったものも感じられた。だがフィナーレのカーテンコールでは、そんな客席も見事に一体化していた。まるで多国籍軍のような客席の心をひとつにさせた蘭寿さんはやっぱり流石だった。

 今回のヅカナビでは、本作品上演に先だってアニメで予習し、現在必死でゲームをプレイ中の私めが、この作品の見どころを解説してみたいと思う。ちょっぴりとまどいを隠せないヅカファンの皆さん、ぜひ参考にしてみてください。(フリージャーナリスト・中本千晶)

【フォトギャラリーはこちら】

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ