マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【インタビュー】新アルバム発売記念コンサートへ
石丸幹二、大人の愛を語る

2013年6月27日

 石丸幹二のソロ・コンサートが、6月28日に大阪・サンケイホールブリーゼで、7月6日に東京国際フォーラム・ホールCで開催される。2012年、「第37回菊田一夫演劇賞」を受賞するなど、俳優として目覚ましい活躍を見せる石丸だが、音楽活動も自身の大きな柱の一つだ。2年ぶりとなる今回のコンサートは、6月26日発売のセカンド・アルバム「Love Songs」のリリースを記念して行われる。朝日新聞デジタルでは、公演を目前に控えた石丸にインタビューをし、今回のテーマである大人の「愛」について、ストレートに語ってもらった。(フリーライター・桝郷春美)

 石丸は言う。「僕は今、40代後半ですが、この年になってくると、愛のいろんな形が見えてきます」。彼が今思う愛とは、どういうものなのだろうか?

 「あの人が好きだとか、彼女を獲得したいとか、一緒になりたいというのも愛です。そういう愛も経て、見守るのが大人の愛」だと石丸は言う。じつは今回のアルバムには、石丸の実体験をもとにして作られたオリジナル曲が入っている。タイトルは「再会」。「苦い思いもありますが、過去を思い出しながら、現在の相手の幸せをよかったなって思える、そんな温かい歌になっています」と石丸。「僕は40歳を越えて、愛って実はそういうことだらけだと思ったんですよ。出会ったこと、新鮮なことより、過ぎて行ったことがたくさんありますので」

 アルバムのタイトルは、ずばり「Love Songs」。その名の通り、愛の歌のオンパレードだ。収録曲は「GOLD 〜カミーユとロダン〜」より「翼を拡げて」、「エリザベート」より「愛と死の輪舞(ロンド)」、「ジキル&ハイド」より「時が来た」など、石丸が出演したミュージカルのナンバーや、映画音楽などを中心に構成されているが、どちらかと言うと、切ない愛を描いたものが多い。「これが40代で出すアルバムの意味なんです。楽しいことも、苦しいことも経た結果。自分が60ぐらいになると、ひょっとしたら、もっと違う思いに行くかもしれません」と石丸は語る。

 「若い人たちがこのアルバムを聴いたときには、そこまではまだ見えないかもしれませんが、こういう風に人を見守るとか、許すとか、自分もそこから学ぶとか、そういうことも愛だと思ってもらえれば。そして何年か後に、また聴いてよとお伝えしたいですね。時を経てまた聴くと、きっとあなたはその間の経験によって、曲の解釈も変わるよ、と」

 コンサートでは、新作アルバムの歌が中心となるが、ほかにも聴きどころ満載だ。12月に上演のミュージカル「モンテ・クリスト伯」で、石丸の相手役として共演する元宝塚トップ娘役の花總まりがゲストで登場。ミュージカル「オペラ座の怪人」から「All I Ask of You」、「ロミオとジュリエット」から「エメ」、そして「エリザベート」から「私が踊る時」の3曲をデュエットで歌う。

 「お客様には愛の夢、愛に包まれた夢を楽しみに来ていただきたいですね。出たばかりのアルバム曲を、ほかほかの状態でお届けしますから、ぜひ、生で味わっていただければ」。石丸幹二がリアルな思いで届ける大人の愛。その声に身を任せ、酔いしれる一夜になりそうだ。

〈石丸幹二さんプロフィール〉
1965年愛媛県出身。幼少の頃から高校入学までに、ピアノ、スネアドラム、トロンボーン、サクソフォーン等に触れる。幕張西高校普通科音楽コースにてチェロ、東京音楽大学音楽学部器楽科でサックス、東京藝術大学音楽学部声楽科で声楽を学ぶ。90年、ミュージカル「オペラ座の怪人」(劇団四季)のラウル役で俳優デビューを飾る。以降、看板俳優として17年間在籍し、数々の舞台作品に主演、07年末に退団。09年、活動を再開し、舞台、映像と幅広く俳優活動を繰り広げる一方で、10年に初のソロアルバム発売、ソロコンサート開催、11〜13年は音楽番組「石丸幹二のシアターへようこそ」(NHK―FM)のナビゲーター、さらには10年より世界的なクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」アンバサダーを務めるなど、多彩な音楽活動を展開する。12年、「グレンギャリー・グレン・ロス」、「GOLD〜カミーユとロダン」、「ジキル&ハイド」の舞台演技が認められて、「第37回菊田一夫演劇賞」を受賞した。

【写真】石丸幹二=撮影・小林勝彦

【フォトギャラリーはこちら】

【トピックス記事はこちら】

◆「kanji ishimaru in concert 2013」
《大阪公演》2013年6月28日(金) サンケイホールブリーゼ
《東京公演》2013年7月6日(土) 東京国際フォーラム ホールC
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://ishimaru-kanji.com/

◆「モンテ・クリスト伯」
《東京公演》2013年12月7日(土)〜29日(日) 日生劇場
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.tohostage.com/montecristo/index.html
《大阪公演》2014年1月3日(金)〜5日(日) 梅田芸術劇場 メインホール
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.umegei.com/schedule/294/

(関連リンク:石丸幹二オフィシャルサイト)
http://ishimaru-kanji.com/

《筆者プロフィール》桝郷春美(ますごう・はるみ) 福井県小浜市出身。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターを志す。アサヒ・コム編集部のスタッフとして舞台ページを担当し、2012年1月よりフリーランスのライターとして活動。朝日新聞デジタルでの取材・執筆のほか、人物ルポを中心に取り組む。

〈石丸幹二さんの過去のスターファイル記事〉
【上杉謙信を演じ語る舞台へ 石丸幹二の写真語り】
【「エリザベート」でトート役 石丸幹二インタビュー全文】

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ