マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)笹本:おじさまというかおにいさまに助けて頂いて…

2013年7月11日

写真:「『ジャンヌ』〜ノーベル賞作家が暴く 聖女ジャンヌ・ダルクの真実〜」制作発表より「『ジャンヌ』〜ノーベル賞作家が暴く 聖女ジャンヌ・ダルクの真実〜」制作発表より=撮影・岩村美佳

笹本玲奈(ジャンヌ・ダルク):ずっと憧れ続けていたジャンヌ・ダルクという役に、今年デビュー15周年なんですけれども、その年に演じることが出来て、本当に心から嬉しく思っています。私は普段、ミュージカル女優として歌うお仕事の方が多いので、このようなストレートプレイというのは本当に2回目で、ほとんど初めてのようなものなので、ここにいらっしゃる素晴らしい俳優の先輩方、おじさまというかおにいさま…(笑)に助けて頂きながら、そして初めてご一緒する鵜山さんにたくさんご指導頂きながら、タイトルにもあるジャンヌ・ダルクの真実を全身全霊で演じることが出来たらと思います。来月にオルレアンに行って、ジャンヌ・ダルクを肌で感じてきたいと思っていますので、全ての準備を整えたうえでお稽古に挑んで本番に挑んで行きたいと思います。

今井朋彦(ウォリック:イギリスの伯爵):今話に出ましたおじさんとおにいさんの微妙なボーダーライン上にいます(笑)。フランスの敵国であるイギリスの伯爵のウォリック役と聞いたときにですね、全国のジャンヌファン、そして全国の笹本玲奈さんファンを完全に敵に回すなと思ったんですが、よく台本を読みますと、必ずしもイギリス側、ウォリックだけが加担したわけではなく、ある意味寄ってたかってジャンヌを火刑台に送ったようなところもあるんですけれども、僕としては敵対するイギリスの伯爵という立場からなぜジャンヌを火刑台に送らなければいけなかったのかというところを、きちんと演じられたらいいなと思っています。笹本さんは鵜山さんと初めてとおっしゃいましたけれども、僕は鵜山さんと何度もご一緒させて頂いているんですが、芝居を始めた頃というのは、演出家というのは稽古場で何を要求してくるかわからない非常に自分にとっては恐い存在であったんですが、ある程度経験をさせて頂いて最近はどんな要求をされるかわからないというところが逆に楽しみになりつつあるなという風に実感しています。特に鵜山さんは突拍子もないことを要求されることが多いので、そのあたりを楽しみにしながらその要求にどう答えて初日を迎えられるか自分自身も楽しみにしているので、皆さんにもどうぞお楽しみにお待ち頂ければと思います。

伊礼彼方(デュノア:オルレアンの私生児):(司会の「貴公子役」との紹介を受けて)貴公子の伊礼彼方です(笑)。僕も本を読みましたが、「美青年」とか「着飾っている」とかそういう装飾品みたいなト書きが書かれていまして、「そうか」と思いながら真面目にやらないといけないなと。オルレアンの私生児、デュノアというのは、一番ジャンヌに近しい存在で、そして一番フラットでいられるシーン、存在なのではないかなと思っています。笹本さんと実年齢も近いですし、これから1ヶ月半ぐらい打ち解けていい関係を作りたいと思っています。ちなみに僕はおにいさん側ですね(笑)。性格だからそこは白黒はっきりつけて…。初めましての方も多いので、ボーダーラインがどこらへんにあるのかわかっていたほうが、今後の稽古が進めやすいのではないかと思っていますので(笑)。若手としてですね、やはり皆様の経験だったり仕草だったりというのはまだまだたどり着けない部分もありますけれども、若さで勝負して素敵なデュノアを、素敵な作品を、鵜山さんと皆さんと一緒に作って行けたらと思っています。

浅野雅博(シャルル:フランス王太子):確実におにいさんだと思うんですけれども(笑)。まずはキャスティング全員をみて、私が言うのも僭越ですが、この濃ゆいキャスティングがどういう稽古場になるのか、本当にいい意味でわくわくしています。シャルルという王太子ですけれども、歴史的にもジャンヌの愛に満ちた神々しい行動に、一番恩恵を受けたのはこのシャルルだと思うんです。どんどん成長させてもらった。どういう風に導かれたのかとかちょっと調べてみると、ジャンヌとシャルルのふたりの密室のシーンも今回あるんですけれども、それをジャンヌは最後までしゃべらなかったと書いてありまして。そこは劇中には出てきます。その辺は僕としては自分のステップアップのためにも、ジャンヌがどんなふうに魅力的でどんなところに惹かれたのか、これから作って行きたいと思います。そんなところを楽しみに頑張っていきたいと思います。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ