マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)95歳の篠田さん「式典の日を生きがいに」

2013年7月31日

 「つじやんに会いたかった。私は式典の日を生きがいにしてきた」。大阪府河内長野市に住む篠田敬(けい)さん(95)はいう。学校に入ったのは中野さんの1年後。31年に初舞台。美声で鳴らした声楽専科で、すぐにソロをもらうほどだった。

 弟は宝塚の誇る名作「シャンゴ」「ノバ・ボサ・ノバ」を手がけた演出家の故鴨川清作さん。妹もめいも宝塚へ。子どもは4人、孫は9人、ひ孫は11人。宝塚時代のことを家族に聞かれても多くは語らない。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ