マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)峰さを理「ここに来ると宝塚の峰に戻れる」

2013年8月1日

写真:式典の最後は、卒業生、在校生一同で校歌を斉唱した式典の最後は、卒業生、在校生一同で校歌を斉唱した=17日午後、兵庫県宝塚市、竹花徹朗撮影

写真:宝塚音楽学校の思い出      宝塚音楽学校の思い出

 厳しく、美しく、懐かしく――宝塚音楽学校が創立100周年を迎え、17日、元タカラジェンヌたちが青春の地に帰ってきた。宝塚大劇場前の「花のみち」をたどって、あの日の思い出を胸いっぱいにつめて。

 「久しぶり〜!」

 「元気してた?」

 式典会場の宝塚大劇場のロビーには卒業生たちが歓声をあげて抱き合う姿があちこちで見られた。大半は同じ年に入学した同期生ごとに集合。ともに受け付けを済ませ、式典に臨んだ。

 トップスターとして活躍した峰さを理さん(1972年入団)はヅカファンから「峰さーん」と声をかけられ、「うれしいですね。当時に戻ります。ここに来ると“宝塚の峰”に戻れるんです」と笑顔で語った。

 「宝塚は永久に不滅です」と言うのは、「ベルサイユのばら」で初代オスカル役を演じた榛名由梨さん(63年入団)。「一時代を築いた存在として、このままどこまでも続いていってほしい。100年も続いている世界ってなかなかない。この世界に生きられた幸せに今日は浸りたい」

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ