マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【トピックス】宝塚歌劇100周年記念事業発表
宝塚トップ5人、そろい踏み

2013年8月1日
写真

 来年の宝塚歌劇100周年へ向かってGO! 5組のトップスターが22日、宝塚ホテル(兵庫県宝塚市)に集まった。異例のそろい踏みで、記念の年への気合も十分。「新しい歴史に一歩を踏み出したい」。(左から)月組の龍(りゅう)真咲(まさき)さん、雪組の壮(そう)一帆(かずほ)さん、星組の柚希(ゆずき)礼音(れおん)さん、花組の蘭寿(らんじゅ)とむさん、宙(そら)組の凰稀(おうき)かなめさんが、きりりと抱負を語った。(河合真美江)(この記事は7月23日付の朝日新聞大阪本社発行朝刊に掲載されたものです)

   ◇

 宝塚歌劇の100周年を来春に控え、宝塚歌劇団は22日、本拠地の兵庫県宝塚市内で会見を開き、記念行事や来年に上演する演目を発表した。「花」「月」「雪」「星」「宙(そら)」5組のトップスターたちが抱負を語った。

 最大の行事は、来年4月4〜6日に宝塚大劇場で開かれる「夢の祭典」(4、6両日)と「記念式典」(5日)だ。祭典は100年の歴史を彩った元タカラジェンヌたちが大劇場に集結。往年の元トップコンビも続々と舞台に登場する。式典には現役の劇団員全員も参加。10月7日には大阪城ホールで、10年に一度の大運動会も催す。

 花組の蘭寿とむさんは「この節目に立ち会えて、光栄です」と話した。

 演目には大作が並ぶ。来年1月1日、大劇場で各組トップスターが口上を述べ、華やかに100周年の幕が開く。上演されるのは星組の新作ミュージカル「眠らない男―ナポレオン・愛と栄光の涯(はて)に―」(小池修一郎作・演出)。人気ミュージカル「ロミオとジュリエット」を作曲したジェラール・プレスギュルビック氏が曲をかき下ろす。

 主演の柚希礼音さんは「世界中で公演され、宝塚の新たな歴史を切り開けるようパワフルに頑張ります」と述べた。

 宙組は「ベルサイユのばら―オスカル編―」を上演する。主演の凰稀かなめさんは「宝塚の100年を語るに外せない名作中の名作。最高の『ベルばら』をお見せしたい」と話した。

 月組公演では、宝塚音楽学校の100期生が初舞台を踏む。100人による圧巻のラインダンスも披露される。(谷辺晃子)

【写真】(左から)月組の龍真咲さん、雪組の壮一帆さん、星組の柚希礼音さん、花組の蘭寿とむさん、宙組の凰稀かなめさん=佐藤慈子撮影

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ