マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)家でも役の雰囲気が降りたままで…

2013年8月2日

写真:平方元基撮影・岩村美佳

――次が「シラノ」で、初の陽気な役でしたね。

 本当にね、「お前はクリスチャンなのか、お前なのかどっちなんだ」とよく言われていたんですけれども、全然キャラクターには近くないというつもりでした、僕は(笑)。ただ、なんでもやっていいんだと思える舞台でしたね。初めて小池先生の元から離れたので、(演出家の山田和也さんは)演出の仕方も違いましたし。

――山田さんはわりと自由にさせてくれるんですか?

 最初に「やってみて」と言われて、いいことも悪いことも言われるんですけれど、わりと自由だったから、ちょっとやり過ぎて怖いかなと思ったんですけれど、鹿賀(丈史)さんの楽しさに巻き込まれていました(笑)。鹿賀さんが凄くよくしてくださって、「元基は凄く楽しんでいるからいいよ」と言ってくださったのが印象的でしたね。

――初の恋愛ものでもありましたよね。

 僕の役はいつもキスシーンの後死んでしまう役だったんです! クリスチャンもキスして死ぬわけですよ。

――でも、「シラノ」はハッピーなシーンもたくさんありますよね。

 そうですね。1幕は一目ぼれを楽しんでいる役だったので、開放的な気分で稽古場にいられるのが新鮮でした。こんなに楽なんだと思いました。役を引きずることもないので、家に帰って暗くなることもない。僕はそういうタイプじゃないと思っていたんですけれど、ルドルフの時は家に帰ると「国を任されているんだ……」と思ったり、ティボルトの時はマネージャーさんに対しても反骨心が出てしまったり、役の雰囲気が降りたままになってしまいがちなんですよね。だから、クリスチャンの時は調子よかったですよ(笑)。それもそれで自分の側面を見ることができたなと思いました。台詞を通して、自分はこういうテンションを持っているんだとか、こういう気持ちには自分は共感しにくいなとか、いろんな自分の中身を探ることができるから、最近は台本を読んでいても凄く楽しいですね。

――なるほど。続いては「マイ・フェア・レディ」のフレディは、初の死なない役でしたね(笑)。

 そうなんです。音域がセミクラシカルな楽曲が多くて、フレディのソロ「君が住む街」はみなさんがよくご存じの曲。これは当時の若い役者さん達に流行っていた音域らしいんですけど、今はもっともっと音域が高いんですよね、ロミジュリしかり。だから、あの歌を朗々と、雰囲気を使ってゆらいだようにやさしく歌うことが必要で。あの雰囲気を掴むことに時間がかかりました。

――もともとお持ちの甘いマイルドな歌声に、声量がプラスされて、より大きく歌うようになられたなと思いました。

 ミュージカルに出演するようになって、歌を歌うということを重点的に課題として置いているんですけど、短いスパンに何かコツを掴んで何かイマジネーションを持った中で取り組んでいくと、ふとした瞬間にこの音使えるとか、こういう風に声を出したらこの役の心情とマッチするんじゃないかと気づくんですよね。歌い方、声量も前はわりと控えめにしていたんですけれど、今は発散というか、今までよりも遠くに届けられるように意識しています。

――「マイ・フェア・レディ」のフレディはストーリーに大きく絡むわけではないけれども、持ち場は大きい。フレディのソロで劇場内を楽しい雰囲気にさせなければいけないですよね。

 物語から多少はずれてもフレディが出てきた瞬間に空気が変わって、お客さんがふわっと明るくなってほっこりした気持ちになって帰ってもらえれば、それだけで十分じゃないかなと思ったし、(演出家の)G2さんもたくさんお話ししてくださる方で、一緒に飲みに行ったりもして、ヒギンズとライバルになるように作り上げていこうということだったので、寺脇さん演じるわりと少年っぽいヒギンズに対して、若さで対抗するのではなく「僕は貴族だよ」という高貴なイメージでいこうと思いました。台詞で多くは語れないので、歌にすべてをかけて全力で挑みました。

――G2さんの演出によって、クラシック作品と思えないほどフレッシュな感覚に溢れていましたよね。

 G2さんは、どんな作品が出来上がっても賛否両論だと思うよと言っていました。しょうがないよねって(笑)。でも、そうやって割り切れて役者に伝えられる方は信用できるし、人間的にも凄く素敵な方だなと思います。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ