マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)初のダブルキャスト、共有する?しない?

2013年8月14日

――この作品、日本ではご覧になっている方が圧倒的に少なくて、安蘭さんの舞台を楽しみにされているミュージカルファンの方たちも、とても多いと思います。それだけにプレッシャーや、役作りで今までと少し違うアプローチの仕方などはありますか?

 今はまだ立ち稽古も始まっていないので、どこからどういう風に役を作っていこうか、思案中です。演出の方と相談して、考えようと思っています。私は今回、ダブルキャストで演じるのは初めてなんです。自分の役を他の人がやっているのを見られるので、それは勉強になると思うんですよ。自分とは全然違った角度で役を見ている人の芝居を見たら、役を自分だけで考えるのとは、違いますし。

――もう一人のダイアナ役であるシルビア・グラブさんとは、お話しされましたか?

 ダイアナ役に関しては、まだそこまでしゃべっていないですね。

――それぞれの中であたためている。

 私が今すごく考えているのは、役のことを共有していいのか、しない方がいいのかがわからないんですよね。本当はもっとダイアナについて、「こうだよね」って言いたいんですけど、言っちゃったら、同じことになっちゃう。もしかしたら同じ思いでも、演じたら全然違うことになるかもしれないんですけど、それは私、わからないので。どうしたらいいんだろうと思っています。

――宝塚時代もダブルキャストは?

 ショーとかでは、トリプルキャストもありましたね。でも、主演のダブルキャストはなかったですね。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ