マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)ロミジュリ「愛」役が転機

2013年8月26日

 男役に終止符を打ったのは昨年5月、「ドン・カルロス」の東京宝塚劇場千秋楽。翌日、美容院へ行って髪形を変えた。数日後に夏服を買い替えた。憧れだったくるぶしまでのロングスカートも手に入れた。「男役から転向して、女子力アップを目指しました」

 入団後に男役から娘役へ転向する例は、遥(はるか)くららや愛希(まなき)れいかなど珍しくはない。だが大湖は新人公演で主演したこともあり、男役10年を経ての転向はまれだ。転機は2011年の「ロミオとジュリエット」だった。「愛」という女性役を演じて思った。「やはり娘役をやりたかった、と退団後に後悔したくない」

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ