マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)蘭乃、成長を実感

2013年8月27日

写真:「愛と革命の詩(うた) ―アンドレア・シェニエ―」より「愛と革命の詩(うた) ―アンドレア・シェニエ―」より、マッダレーナ・ド・コワニー役の蘭乃はな=撮影・岸隆子

 蘭乃さん演じるマッダレーナは、まだどこか幼さを残す高貴なお姫様。アンドレアに「自分のために愛の詩を詠んでほしい」と願い出ますが、「まだ真実の愛をご存じない」と却下されてしまいます。2人の出会いは決して甘いものではありませんでした。

 蘭乃さんはさらに歌唱力が上がり、公演ごとに成長されているのを実感します。時代の流れに翻弄されながらも愛を全うする、けなげな令嬢を品よく演じていて、蘭寿さんとのコンビもますます充実してきました。ラスベガスのカジノ(前回の大劇場公演「オーシャンズ11」の舞台)からフランス革命へと舞台が180度変わった2人ですが、その差が大きすぎるところがまた、たまりません。

 マッダレーナのドレスは、光沢のあるアイボリー色のゴージャスなものから、ストライプのシンプルなものまで、どれも見ているだけで幸せな気持ちになれそうなほど可愛い! 衣装で楽しませてもらえるのも宝塚の良さですね。

 アンドレアには、マリー=ジョゼフ・シェニエという弟がいました。演じるのは、華形ひかるさん。貴族のお抱え詩人でありながら、革命後は民衆の側に寝返るという、その時々の体制におもねる生き方を選んでいて、信念を貫くアンドレアをさげすむような、いけすかない奴です。けれど表向きは反発しながら、心の底では慕う気持ちもあり、優れた兄へのコンプレックスとの狭間に揺れる複雑な心情を、繊細に表現する華形さんには胸を打たれました。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ