マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(4)真那の演技に惹きつけられる

2013年9月6日

写真:「春雷」より「春雷」より、サビーネ役の沙月愛奈(写真右)とロルフ役の真那春人(左)=撮影・岸隆子

 ヴェラ役の舞咲さんも印象的でした。大人の女から陽気なおばあちゃんまで、いつも幅広い演技で楽しませてくれる個性派の娘役さんですが、今回は、ロッテのことを絶えず心配する優しい乳母を、母性たっぷりに演じています。

 ロルフを演じる真那さんは、ウェルテルの良き理解者でもあります。彼を一生懸命励ましたり、恋人サビーネをまっすぐに愛したり、その表情豊かな演技には思わず惹きつけられました。お嬢様であるサビーネは、情熱的なロルフにやや圧倒されつつも、信じてついていこうとするけなげな女性で、沙月さんが清楚に演じています。

 収穫祭の夜、緊迫した雰囲気を盛り上げる色彩の照明と、村人たちが入り乱れて踊る中、2人が手に手を取って森の中を逃げまどうシーンは、なかなかの迫力。その後に続く裁判シーンへのたたみかける演出は見ごたえがありました。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ