マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)緒月ベル、なかなかの美女っぷり

2013年10月8日

写真:「風と共に去りぬ」より「風と共に去りぬ」より、ベル・ワットリング役の緒月遠麻=撮影・岸隆子

 メラニーが持つ慈愛の深さに強く心を打たれた一人には、レットの情婦・ベルもいました。いやしい商売をしていることで、町の婦人たちから冷たくさげすまれていた彼女にただ一人、やさしく手を差し伸べたメラニーは、ベルにとっても特別な存在となったのです。

 ベルを演じるのは緒月さん。目の覚めるようなパキッとした黄色に黒のリボンをあしらった派手なドレスで、きつく巻いた髪が濃い顔立ちに映え、男役ながらなかなかの美女っぷり。人々からどんなにひどい扱いを受けても毅然と耐え、気高さを失わず、凛と背筋を伸ばす姿はとにかく美しい。見かけははすっぱな酒場女でも、皆と同じように街を愛し、心密かに病にたおれたメラニーの無事を祈る、ベルの清廉な心に胸を打たれました。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ