マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)「これが観たかった」のツボシーン連続!!

2013年10月17日

 2幕は「お約束」どおり、「客席案内係」のご注意から始まる。まず2階席で、オカッパ頭で食べることが大好きなマサ子さん(十輝)が注意を促した後、お待たせ、紅子さん(紅)の登場だ。待ってましたとばかりに客席のあちこちから、色んな掛け声がかかる。臨機応変な対応力抜群の紅子さんだけに、客席のツッコミも容赦がなく、千秋楽に向けてどうなっていくのか、すでに末恐ろしい…。こうした紅のキャラクターも、客席参加型の「REON!!」シリーズには必要不可欠な要素となっているといっていいだろう。

 そして幕が上がるとそこは「ベルばら」のプロローグもどきの世界。歌詞の「ばら」の部分が「REON」に代わったりしていて意味不明なのだが、まあそんなこともどうでもいい。場面が変わると、おお!これは「薔薇のタンゴ」だ! 「薔薇タン」こと「薔薇のタンゴ」は「ベルばら」のフィナーレ名場面のひとつなのだが、今年の再演版では観ることができず、物足りない思いをしていたところだったのだ。まさに柚希で観たい「薔薇のタンゴ」! このあたりが流石、「ファンのツボを心得た」演出家藤井の手腕である。

 続く柚希&紅の「ボレロ」(この場面は何故か、紅子さんの妄想場面のように見えてしまった)の後は、お待ちかね、REONちゃんに憧れるファンの少女「ちえ子ちゃん」と、客席案内係の紅子さん、マサ子さんの漫才(?)シーンだ。ちえ子ちゃんが「REONちゃんに演じて欲しい役」は?と聞かれて答えたのが、「ロミジュリ」のティボルト! ということで、本編では実現し得ないティボルト役の柚希が観られてしまう。確か、少し前のCS放送で柚希自身が「ロミジュリの中でやってみたい役」と言っていたものだ。

 再び男に戻ってワイルドに踊る柚希。それを取り囲み、ヒラヒラとした布のついた扇を手に舞うTROPICAL MADONNA(壱城ら)が何とも妖しい美しさだ。そして、変わった形の羽根をつけたダルマ姿のTROPICAL BIRD(麻央侑希)が登場するや、客席の注目をさらっていく。

 続く「REON’s ショーメドレー」は、何と柚希が初舞台から出演したショー全ての主題歌を繋ぎ合わせたというもの。これは長年のファンにとっては嬉しいだろう。できれば他組バージョンも作って欲しいなあと思ってしまう。

 そしてここでは、これまたファン待望の組み合わせに違いない、女役に扮した礼真琴とのデュエットも。とにかく2幕は、これでもかというくらい「これが観たかった!」シーンの連続であった。

 フィナーレは一転、全員が黄色の公演オリジナルTシャツにジーンズというシンプルな出で立ちに。一人ひとりが自分らしく着こなしたジーンズ姿を、思わずオペラグラスで逐一チェックしてしまうのだった。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ