マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【月刊タカラヅカ】大劇場、約20年ぶり「風と共に去りぬ」
凰稀かなめ、運命のレット・バトラー役

2013年10月15日

 あの名作が、約20年ぶりに宝塚大劇場へ帰ってきた。「風と共に去りぬ」。南北戦争で傷ついた人々が、明日への希望を胸に立ち上がる力強い物語。宙組トップスター凰稀(おうき)かなめの演じるしぶいレット・バトラーが、舞台上で魅力を放っている。

 「死にそうな状況になっています……」。けいこが始まってすぐの会見で、凰稀はこう不安を口にした。

続き(有料部分)を読む


【写真】スカーレット(朝夏まなと)の元を去っていくレット・バトラー(右、凰稀(おうき)かなめ)=27日午後、兵庫県宝塚市、伊藤菜々子撮影

【フォトギャラリーはこちら】

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ