マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)凰稀「いままでやってきたことをゼロに」

2013年10月15日

写真:スカーレット(朝夏まなと)の元を去っていくレット・バトラー(右、凰稀(おうき)かなめ)スカーレット(朝夏まなと)の元を去っていくレット・バトラー(右、凰稀(おうき)かなめ)=27日午後、兵庫県宝塚市、伊藤菜々子撮影

 「深さや大きさ、心のゆとりを表現するのが難しい。男役として、いままでやってきたことをゼロにして取り組まないと」。新たな役と格闘し、産みの苦しみにぶち当たる姿が垣間見られた。

 だからだろうか、トップ就任後に何度も「風共」の上演話が持ち上がったが、断ってきたと明かす。「いまの自分では無理だと思っていた。いま演じるのも運命ですね」

 凰稀自身、バトラーとスカーレットの2役を演じるのはどうか、と考えたという。ファンからも「スカーレットとバトラーの両方が見たい」という手紙をよくもらっていた。だが、これまでにこの2役を役替わりで演じたスターはいない。

 結局かなわぬ夢となり、バトラー役とがっぷり向き合うことに。冷静で端正な立ち振る舞いから嫉妬に狂う荒々しさまで、幅広いバトラー像を自在に演じる。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ