マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)対照的な2人を演じる、天寿と十碧

2013年10月21日

写真:「日のあたる方へ」より「日のあたる方へ」より、ブルーノ役の天寿光希(写真右)とジョアン役の十碧れいや(同左)。中央はジキル役の真風涼帆=撮影・廣江修

 美稀さんと万里さん演じる両親は、ジキルを大切に育ててきましたが、どうやら実際の両親ではない様子。このジキルの出生の秘密は、物語の大きなカギを握っています。

 天寿さん演じるブルーノはテレビのコメンテーターもつとめているらしく、ハキハキとした明るい人物。光沢のある派手なグリーンのスーツがよく似合っています。一方、十碧さん演じるジョアンは慎重で控え目、ずいぶん対照的な2人ですが、いつもジキルの力になろうとさりげなく寄り添っている感覚がほほえましい。十碧さんはまだ立ち居振る舞いや演技に若さが目立ちますが、誠実で落ち着いた演技も好印象で、今後が楽しみになりました。

 ジュリアを演じる音波さんの、可愛らしさとセクシーさがまじりあった姿も目をひきます。そんな可愛いジュリアに、ジキルとの恋は許さんと告げる父・一樹さんが、相変わらずダンディーでたまりません。一樹さんのカッコよさというのは、トップとかスターとか、すべてを超越した別次元のものであると言わせてほしい。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ