マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)期待通りの女子感、碓井

2013年10月24日

写真:「十二夜」公演より「十二夜」公演より=撮影:引地信彦

 人間臭く、個性豊かなキャラクターたちが、なんといっても見どころだ。次々と出てくる濃いキャラクターが魅力的で、「こう来たか!」「今度はこんな感じか!」と随所で気持ちがあがる。また、楽隊4人が召使い的な衣装・髪型で揃っていて、芝居に自然に溶け込んでいる。キャストとの一体感がより作品を盛り上げる。

 ヴァイオラ役の碓井将大は、「ヴェニスの商人」のポーシャ役が記憶に新しいが、その可愛さが変わらず、期待通りの女の子っぷりを見せてくれる。インタビュー時にも、「ほぼ全編が男装なので女性を見失わないかが課題」と話していたが、オーシーノに対する恋心や、舞台後半の決闘シーンでのへっぴり腰など、随所に女子感を散りばめている。男装しているシザーリオの低めの声と、ヴァイオラとしての高めの声を細かく使い分けたりと上手い。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ