マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)長屋の庭がまたたく間に水芸の舞台に

2013年10月29日

写真:「唐版 滝の白糸」公演より「唐版 滝の白糸」公演より=撮影:細野晋司

 10万円を巡って、お甲、アリダ、銀メガネの争いが激しくなって来たとき、3人は次第に本性を表し始める。水商売の女かと思われたお甲は、じつは水芸人「白糸太夫」だった。芸人の意地にかけても10万円をせびり取ったと思われたくないお甲は、自分の芸の見物料として10万円を受け取りたいと願う。すると、うらぶれた長屋の庭がまたたく間に水芸の舞台となり、お甲は華麗に水芸を披露する。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ