マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)恐ろしい黒鳥たちに圧倒された「白鳥の湖」

2013年11月6日

写真:「ニューヨーク・シティ・バレエ 2013」公演より「ニューヨーク・シティ・バレエ 2013」公演より=(C)Hidemi Seto

 Bプロは、バランシン版「白鳥の湖」日本初演で開幕。全幕版のような明確な筋立てではなく、第2幕に第4幕を加えたような一幕作品だ。通常の「白鳥の湖」では、湖畔で王子が出会うのは、オデットと彼女に付き従う白鳥たちだが、このプロダクションではオデットのみが白鳥で、その他は悪魔と共通する衣装の黒鳥となっている。この黒鳥たちはオデットに寄り添うのではなく、むしろ対角的なポジションを取り、嵐の中で揺れる木のように長い腕を揺らめかせたり狩人たちを囲んだりと不穏な動きを繰り返して、挙げ句の果てには王子とオデットを引き離す。「ジゼル」のウィリさながらに恐ろしい黒鳥たちには、圧倒された。オデットのテレサ・レイクレンは、儚さや陰影を感じさせるというよりは健康的だが、王子のタイラー・アングルと共に、テンポの早い演奏の中でも、安定した踊りを見せた。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ