マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)宝塚ならではの日本物

2013年11月5日

写真:「DREAM,A DREAM」公演より「DREAM,A DREAM」公演より=撮影:村尾昌美

 続いて麻路が弾くピアノに合わせてドリームゲスト(安蘭、水いずれか)が歌う。安蘭の歌は「ひとかけらの勇気」。一気に劇場の空気を変えてしまう安蘭の歌は、「スカーレット・ピンパーネル」の世界を呼び起こした。水の歌は「青春の終わりに」。在団時よりもさらに磨きのかかった歌声が劇場に響き、その情感溢れる世界に引き込まれた。そして、「JAZZメドレー」へ。ここでの粋な演出に、同じ宝塚を卒業した荻田の愛を感じる。同じダンスナンバーを、安蘭が出演している回は湖月と、水が出演している回は朝海と踊るのだ。湖月と安蘭が並んで踊れば星組を、朝海と水が並んで踊れば雪組を思い出して、心躍った。最後に帽子を手に踊る軽快なナンバーで踊り狂い、第2幕は終わる。

 第3幕は「TAKARAZUKA」。宝塚ならではの日本物の場面が印象的。

 チョンパで幕が開くと、着物ドレスのスターが揃い、豪華な衣装が目に飛び込んでくる。ビビッドな色と、大きな羽などの頭飾りが麗しく、特に目で楽しめる幕開きだ。続いて、峰、杜、紫、彩輝、星奈、出雲らによる日本物の場面だ。「阿国風流」は吉崎憲治作曲のオリジナル曲で、峰が振付をしている。宝塚ならではの日本物の場面は、現役時の舞台がそのまま蘇ったようで、時が戻ったような錯覚に酔いしれた。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ