マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【トピックス】霧矢大夢が初アルバム発売へ
「ジェントルウーマン」の魅力、コンサートで

2013年11月18日
写真

 宝塚歌劇団で月組トップとして活躍。2012年4月に宝塚を退団し、2013年5月には日生劇場「マイ・フェア・レディ」のイライザ役で女優デビューした霧矢大夢が、11月にファーストアルバム「The Gentlewoman」をリリース。このアルバム制作に参加したミュージシャンらとともに東京と大阪でコンサートを開く。(デジタル本部・橋本正人)

 霧矢は2012年10月に、青山劇場で宝塚退団後初のソロコンサート「Amore e Musica 〜夢は果てしなく〜」を開いており、今回のコンサートは「The Gentlewoman 霧矢大夢の新しい挑戦」と名付けられ、11月22日と23日に東京、12月5日と6日に大阪で開かれる。

 今回のコンサートにはスペシャルゲストとして、ダンサーの大貫勇輔が参加。2011年にミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の「死のダンサー」役で注目され、2013年のロミジュリにも出演。ミュージカル「キャバレー」では、藤原紀香の相手役として俳優デビューも果たしている。

 霧矢のファーストアルバム「The Gentlewoman」は11月22日、東京国際フォーラムコンサート会場にて販売を開始。アコーディオニストで作曲家のcobaが作曲・編曲したインストゥルメンタルのタイトル曲「The Gentlewoman」、森雪之丞作詞、coba作曲の「5/4(4分の5)の追憶」、トベタ・バジュン作詞、松本俊明作曲の「夢の果てまでも」などオリジナル6曲と、ピアソラの名曲に荻田浩一が日本語詞をつけた「Libertango」のほか、「Caruso」「Night & Day」などカバー5曲の、計11曲を収録している(特典映像付き税込4000円、axon entertainment)。

◆霧矢大夢コンサート「The Gentlewoman 霧矢大夢の新しい挑戦」
 《東京公演》2013年11月22日(金)・23日(土・祝) 東京国際フォーラム ホールC
 《大阪公演》2013年12月5日(木)・6日(金) サンケイホールブリーゼ
 ⇒詳しくは、霧矢大夢公式サイトへ
 http://www.hiromukiriya.com/

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ