マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(5)キャスティング発表で、ざわつきましたけど(笑)

2013年11月26日

写真:交響劇「船に乗れ!」制作発表より交響劇「船に乗れ!」制作発表より=撮影・岩村美佳

小川真奈(南枝里子:新生学園の生徒 ヴァイオリン)
 今回このような素敵な作品に携わらせて頂くことが出来てとても嬉しく思っています。一生懸命演じたいと思います。

平方元基(伊藤慧:サトルの同級生 フルート)
 僕はもう一度音大生として青春を駆け巡りたいと思いますので、皆さんと一緒に手を繋いで素敵な青春にしたいと思います。

増田有華(鮎川千佳:サトルの同級生 ヴァイオリン)Wキャスト
 このお話を頂いたときには、どういう役どころなんだろうなと思って読んでみました。こうめいさんは宣材撮影のときに会った際、「増田は3枚目だから」と言われて。どう3枚目を演じればいいのかプレッシャーを感じていたのですが、私も大阪出身でバリバリのお調子者だったときがあるので、そういうお調子者のところを存分に今回は発揮できればいいなと思います。

谷口ゆうな(鮎川千佳:サトルの同級生 ヴァイオリン)Wキャスト
 今回はWキャストで増田有華さんと同じ役を演じさせて頂くということで、多分キャスティングが発表されたときにかなりざわついたと思うんです。私もざわつきましたけれども(笑)。今笑っているこうめいさんが、「お前はそれでいいんだ」と言ってくださったので、私にお話を頂いたのかなと思います。今回青春のお話ということで、もう一回高校生活をやり直すような気持ちで、ピュアな透明感を持ってやらせて頂けたらなと思います。

松岡卓弥(生田寛:サトルの同級生 コントラバス)
 コントラバスを担当させて頂くのですが、コントラバスを見るのも触るのも初めてで、そしてミュージカルというものに出るのも初めてなので、とても緊張しておりますが、皆さんで力をあわせていい舞台にして、お客さんに感動を与えられるような、そんな素敵な作品にしたいと思います。

加藤雅美(沢寛子:サトルの同級生 フルート)
 今回はこんなに素敵なキャストの皆さんと一緒に出来ることを、本当にすごく嬉しく思っておりますし、原作ファンの方はもちろん原作を読んでいない方にも楽しんで頂けるように、皆と一緒に頑張っていきたいと思います。

石井一彰(合田先輩:サトル達の1年先輩 ヴァイオリン)Wキャスト
 この舞台の出来によって、これから僕に高校生の役の仕事が来るかどうかが懸かっています。頑張ります。素晴らしい舞台なので、見に来て頂きたいと思います。

※合田先輩役のWキャスト、入野自由は欠席

輝馬(戸田先輩:サトル達の1年先輩 チェロ)
 ひとつ上の先輩をやらせて頂きます。もう一度高校生が出来るということで、すごくワクワクドキドキしていてフレッシュな気持ちで頑張りたいと思います。

前山剛久(白井:サトルの同級生 ヴァイオリン)
 役どころはですね、僕自身大阪出身なんですけれど役も大阪弁をしゃべります。今回男性キャストの中では最年少になるので、精一杯皆さんに追いつけるよう頑張りたいと思います。

木内健人(柳沢:サトルの同級生 クラリネット)
 本当に素晴らしいキャストで、こんなキャストの中で、恵まれた中で出来るのを幸せに思っています。高校生なのでフレッシュに若々しく頑張りたいと思います。

西岡優妃(浅葉:サトルの同級生 ピアノ)
 嬉しいことにミュージカルが初めてでございまして、その中でこんな素晴らしいキャストさま、スタッフさまに囲まれて必死に頑張って行きたいと思います。オーケストラみたいに綺麗な音を出せるように、和音が出せるように頑張っていきたいと思っています。

吉田萌美(吉岡:サトルの同級生 ヴィオラ)
 私は高校で吹奏楽部に入りフルートを吹いていたり、大学は音楽大学で歌を勉強していたので、とても似ているところがあって、楽しみです。頑張ります。

加藤虎ノ介(金窪健史:倫理社会教師)
 キャストの皆さん、スタッフのみなさんと共に素晴らしい作品になるように努力していきたいと思います。

金沢映子(久遠みつ子:音楽教師)
 原作を読ませて頂きまして、内容はもちろん違いますけれど、あの頃のことを、悩んでいたことやキラキラしていたこととか、色んなことを思い出しまして、ものすごくこの作品に参加させて頂けることを感謝しております。生徒役の皆さんと、一緒にキラキラと、生き生きと練習風景などのシーンを作っていけるように頑張っていきたいと思います。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ