マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(6)若さがいっぱい吸い取れそう!

2013年11月26日

写真:交響劇「船に乗れ!」制作発表より交響劇「船に乗れ!」制作発表より=撮影・岩村美佳

田中麗奈(北島礼子:ピアノ教師)
 自分が学生のときは、先生は先生としてそればかりを注目して、例えば劣等感だとか抱えているものだったりとか、過去だったり、生活みたいなことを見ようとしなかったり、感じ取ろうと出来なかった自分がいたんですけれども、今回は私の役はそういうところも少し、時折見せてしまうというような役柄です。なので、先生というよりはひとりの女性として、親しみを持って見て頂けると思います。少しミステリアスな部分が原作に書かれているので、そこも香りを出しつつやらせて頂ければなと思います。

木の実ナナ(南トシ子:枝里子の母)
 以前「イカれた主婦」という作品で、今回主演をやる山崎育三郎くんとやったのですが、ロックギターがガンガンでクラシックとはまるで真反対でしたけれど、それで育ちゃんの凄さを強く感じました。今度は別の子の母親になって、そしてその子の夢を叶えてあげられないという…私としては子供の夢は叶えてあげたい方なので、この役を演出家がどういう風に作って下さるかですね。私は高校は3カ月しか行ってないので学生生活をまるっきり知らないんです。皆さんが「青春、青春」と言っているんだけれど、私は今も青春だと思っているんです。だからいつまでも青春の中にいます。こんなに若い方達が沢山いらして、さらにもっといらっしゃるんでしょう?これは若さがいっぱい吸い取れそうですね!私としてもデビューして52年目になりましたけれど、こういう大人しい役は本当に初めてなんですね(笑)。だからよく私をキャスティングしたなぁと。でも、私は舞台に立ってお客様が喜んで下さることが一番好きなんです。だからそれを若い皆さんたちと一緒に、トシ子さんに成りきって貧しいけれど明るく夢を捨てないという役を演じてみるのも一見かなと思っています。皆さんも若い子よりもちょっと色気が…というところで私の方に目線が来てくれたら最高だと思います(笑)。皆と仲良くやって行きますから、本当にチームワークの良さというものを感じて頂ければいいなと思います。

小野武彦(松野:サトルの祖父、新生学園理事長)
 私事になりますが、5年ぐらい前からサックスを習いはじめまして、たまたまその先生が原作者の藤谷さんと同じ音大の卒業生で、そのお父さまもとても魅力的な哲学の先生で、そんなことで身近な作品だなと思っておりましたところ、私の住まいが今、ご挨拶されたナナさんや小川さんの役が住んでいる、小田急沿線の柿生というところにあるんです。駅前では「サトルと枝里子はこの改札でわかれたんだな」と思い出しながら、とても身近に感じた作品で、時々号泣させて頂きました。その感動をキャスト、スタッフ全員と届けられたらいいなと思います。

【フォトギャラリーはこちら】

◆交響劇「船に乗れ!」
《東京公演》2013年12月13日(金)〜21日(土) 東急シアターオーブ
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.fune-ni-nore.com/

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーランスのフォトグラファー、ライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ