マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)平野:この場にいることが信じられません

2013年11月29日

写真:「レディ・ベス」制作発表より「レディ・ベス」制作発表より=撮影・岩村美佳

司会:主人公のレディ・ベスを演じる平野綾さん、花總まりさん、ご挨拶をお願いいたします。

平野:べス役の平野綾です。今日は朝早い中、お越しいただきありがとうございます。とても今緊張していて、この場にいることがいまだに信じられません。何世紀にもわたって名前を語り継がれている有名な実在の人物を演じるということですが、女王になってからのイメージが凄く強いような気がするので、彼女がどんな生い立ちで、どんな経験をして女王になったかということをみなさんに納得していただけるようなお芝居と歌を披露できたらいいなと思っています。ありがとうございます。

花總:べス役をさせていただきます花總まりです。この場にいることをとても光栄なことと思うと同時に、責任の重さをヒシヒシと感じております。素晴らしいキャストの方々と一緒に、素晴らしい作品にしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

司会:ベスの恋人である吟遊詩人ロビン・ブレイクを演じます山崎育三郎さん、加藤和樹さん、ご挨拶をお願いいたします。

山崎:ロビン役を演じさせていただきます山崎育三郎です。個人的に再演ものに出演することが多いのですが、今回は世界初演ということで、先日ロビンが歌う曲を一音上げて歌いたいなと思いましてリーヴァイさんにお聞きしたら、「君が歌いやすいように歌っていいよ」と言っていただいて、そういったところも初演ならではと思っております。この作品はたぶん「エリザベート」や「モーツァルト!」のように5年、10年、15年とずっと続いていく作品になると思いますので、最高のスタートを切れる年にしたいと思っています。みなさん、ぜひ劇場に足をお運びください。どうぞよろしくお願いいたします。

加藤:ロビン・ブレイクを演じます加藤和樹です。本日はお集まりいただきましてありがとうございます。世界初演ということで、このような素晴らしい作品、そして素晴らしいキャストの方々と作品を作り上げることができることを楽しみに思っています。ロビン・ブレイクという人物は架空の人物ではあるのですが、この作品になぜロビンがいるのか、その存在意義というものを自分なりにこの作品の中で見つけていきたいと思います。劇場でお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

司会:ベスと対立し、彼女を幽閉してしまう姉メアリー・チューダーを演じます未来優希さん、吉沢梨絵さん、ご挨拶をお願いいたします。

未来:メアリー・チューダーを演じさせていただきます未来優希です。本日はお集まりいただきましてありがとうございます。このような風景はテレビの前でしか見たことがなかったので、自分がこの場にいることに緊張していますが、素晴らしい作品を素晴らしい共演者のみなさまと力を合わせて作り上げ、メアリー・チューダーがなぜそこまでエリザベスを憎むのかということを突き詰めて、私自身がんばってまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

吉沢:同じくメアリー・チューダーを演じさせていただきます吉沢梨絵です。錚々たるメンバー、そして小池先生、クンツェさん、リーヴァイさんのゴールデントリオの中で演じられることをとても光栄に思っております。一国を動かす立場にありながら、悲運な中で生きた姉妹のダークサイドの方を演じることになると思うのですが、きらびやかなセット、きらびやかなお衣装の中でも、生々しい心理描写をお届けできたらいいなと思っております。どうぞ劇場にお越しください。ありがとうございます。

司会:処刑されてしまったベスの母親アン・ブーリンを演じます和音美桜さんです。

和音:アン・ブーリン役をさせていただきます和音美桜です。このような貴重な機会をいただけたことを幸せに思っております。どんな人物なのかを、これからみなさんとともに作り上げていけたらいいなと思っております。ぜひ劇場へお越しください。ありがとうございます。

司会:ベスと反目するメアリー・チューダーの側近である司教ガーディナーを演じます石川禅さんです。

石川:クンツェさん、リーヴァイさんの作品への出演は、ありがたいことに4作目となります。その中で、僕は今までは善良な人物ばかりを演じさせていただいていまして、今回初めて悪の部分を演じさせていただきます。演出は小池修一郎さんですが、質実剛健なイギリス(の世界観)のなかで、小池先生の演出を受けさせていただく緊張感をヒシヒシと感じてきておりますが、まだまだこれからの作業です。華やかな悪役になるのか、リアルな悪役になるのかはこれから自分と向き合ってがんばっていきたいと思います。実在の人物なのですが、そこは置いておいて、がんばります。よろしくお願いいたします。

司会:ベスの敵となるスペイン大使シモン・ルナールを演じます吉野圭吾さんです。

吉野:こんにちは。吉野圭吾です。シモン・ルナール役を演じさせていただきます。とにかく楽しみながら悪役を務めていきたいと思います。そして、この作品に精一杯命を注ぎ込んでがんばっていきたいと思います。ありがとうございました。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ