マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(4)気がついたら霧矢の世界に包まれて

2013年12月5日

写真:「The Gentlewoman」公演より「The Gentlewoman」公演より

 アンコールは宝塚の曲から、「更に狂わじ」「目の前の君」(他に回替わり曲有)。聞き覚えのある宝塚時代の曲は、伸びやかな声はそのままに、柔らかくなった印象だ。最後に「この先の道」を歌い、幕となった。全体の印象として、1曲でその場の空気を変えてしまうようなダイナミックなものではなく、気がついたら霧矢の世界に包まれているような、音楽の変化に身を任せていたいと思わせるコンサートだった。

【フォトギャラリーはこちら】

◆霧矢大夢コンサート「The Gentlewoman 霧矢大夢の新しい挑戦」
 《東京公演》2013年11月22日(金)・23日(土・祝) 東京国際フォーラム ホールC
 ※この公演は終了しています
 《大阪公演》2013年12月5日(木)・6日(金) サンケイホールブリーゼ
 ⇒詳しくは、霧矢大夢公式サイトへ
 http://www.hiromukiriya.com/

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーランスのフォトグラファー、ライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ