マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【公演評】霧矢大夢コンサート「The Gentlewoman」
懐の深い歌声、ゆるやかに変わる世界

2013年12月5日

 霧矢大夢コンサート「The Gentlewoman〜霧矢大夢の新しい挑戦〜」東京公演が、11月22〜23日に東京国際フォーラム ホールCにて行われた。引き続き大阪公演が、12月5〜6日にサンケイホールブリーゼで行われる。退団後のリスタートとなった2012年10月のファーストコンサートに続く今年のコンサートは、ひとつのショーを見たようで、作品性が高く印象的だった。(フリーランスライター・岩村美佳)

 11月22日に発売したファーストアルバム「The Gentlewoman」からの曲を約半数入れ、昨年にはなかったドレス姿も披露。構成はストーリー仕立てになっている。「過去」「現在」「未来」を旅して、真のGentlewoman…大人の女性としてのジェントルさを目指して進んでいくというストーリー。スペシャルゲストとして大貫勇輔が参加している。抽象的な存在だったり、霧矢とデュエットダンスを踊ったり、様々なダンスでコンサートに色を加えている。

 陰の美しさを感じるような前半から、ラストに向って明るく色づいていくような世界観が強く印象に残る。懐の深い霧矢の歌声が、ゆるやかに世界を変えていき、気づいたら光り輝く色に包まれている…聞き終わった後の爽快感が心地よい。

【写真】「The Gentlewoman」公演より

続き(有料部分)を読む


【フォトギャラリーはこちら】

◆霧矢大夢コンサート「The Gentlewoman 霧矢大夢の新しい挑戦」
 《東京公演》2013年11月22日(金)・23日(土・祝) 東京国際フォーラム ホールC
 ※この公演は終了しています
 《大阪公演》2013年12月5日(木)・6日(金) サンケイホールブリーゼ
 ⇒詳しくは、霧矢大夢公式サイトへ
 http://www.hiromukiriya.com/

《筆者プロフィール》岩村美佳 フリーランスのフォトグラファー、ライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ