マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【すみれの風 吹いたころ】(5)高嶺ふぶき
宝塚バージョン作り 至難の業

2013年12月9日

 「エリザベート」初演(1996年)の初日、幕が下りると一瞬シンッとなって、怒濤(どとう)のような拍手が起こった。すべての苦労が報われたと思いましたね。

 2カ月超のお稽古、むちゃくちゃ大変でした。ウィーン発のミュージカル。男性と女性が歌う想定の曲を宝塚ではすべて女性が歌う。男役であって男ではないので、キーが低すぎる。男役に合わせて曲のキーを上げると娘役には高すぎる。ベースの音楽性を崩さずに宝塚バージョンを作り上げる。至難の業でした。

【写真】高嶺ふぶき=成川彩撮影

続き(有料部分)を読む


〈高嶺ふぶきさんプロフィール〉
 たかね・ふぶき 1983〜97年在団。雪組元トップスター。京都府出身。東京で「Legendary(レジェンダリー)VI」(13〜15日)に出演予定。愛称ユキ。

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ