マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)三矢:「お嬢さん、一緒に踊りましょう」で、ぼーっとなり

2013年12月16日

写真:三矢直生三矢直生さんは「エリザベート」の名曲「私だけに」や「ベルサイユのばら」の「愛あればこそ」を歌いあげた=大阪市北区、伊藤菜々子撮影=大阪市北区

 三矢 私は安奈淳さんの「愛のコンチェルト」が大好きでした。あるとき、大劇場で階段からおりてこられた男役スターの麻鳥(あさどり)千穂さんが「かわいいお嬢さん、一緒に踊りましょう」と客席にいた私におっしゃり、ぼーっとなって。「私が入る世界はここしかない!」って。

 花丸 若葉さんは最初、男役でいらっしゃいました。

 若葉 母が男役のファンでしたから。

 三矢 私は身長167センチで当時大きかった方です。初舞台のときは、すごくメークが下手でした。

 若葉 最初はみんな同じ顔ですよね。舞台を見にきた父が、私のことわからなかったって。

 花丸 髪飾りやアクセサリーはご自分で用意されるんですね。

 若葉 ドレスができあがると、ヘアは、飾りはどうしようって。みんなチクチクつくるのが好き。

 三矢 娘役さんは髪のアレンジとか、アーティストとして仕事ができるんじゃないかというほど上手。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ