マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(4)華があり朗らかな芹香、妖艶な雰囲気の柚香

2013年12月20日

写真:「New Wave!‐花‐」より「New Wave!‐花‐」より、芹香斗亜(右)・柚香光=撮影・岸隆子

 メインの3人の中ではまだあどけなさが残る芹香さんも、男らしさが前面に出てくるようになってきました。とにかく華があって朗らかで、どこにいても目に付く恵まれた容姿は、芹香さんの大きな武器といえるでしょう。やさしい笑顔がなんともいえずチャーミングで、これからニヒルな花カラーが体に染みついてくると、最強の男役となるに違いありません。

 今回、最も印象的だったのが、芹香さんと柚香光さんが光と影になるシーン。2人の衣装は白と黒に彩られたマタドール風で、配色からすでに対照的になっています。白いイメージの芹香さんに、妖しく迫る黒いイメージの柚香さんの妖艶なこと! 前回の大劇場公演「愛と革命の詩―アンドレア・シェニエ―」では黒い天使役で、ダンスのみの表現に挑んだことが、彼女にとってよりステップアップとなったのか、とにかく醸し出す雰囲気が深くて、目力も強い。もともと期待の新人という印象はあったのですが、大勢の中で踊っていてもひときわ輝いて見え、その成長ぶりには目を見張るほどでした。さらにその背後で踊るシャドウたち(冴月、真輝いづみ、和海しょう、水美舞斗、矢吹世奈、飛龍つかさ)の躍動感も見逃せません。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ