マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(5)桜咲の幻想的な踊りに美しいコーラス…22人が輝く

2013年12月20日

写真:「New Wave!‐花‐」より「New Wave!‐花‐」より、望海風斗(右)・桜咲彩花=撮影・岸隆子

 1幕の終わりには、望海さんが白いスーツに白いロングコートで、井上陽水の「傘がない」と「氷の世界」を熱唱し、あの名曲が望海さんの手にかかると、こんなにも違った世界が広がるのかと新鮮な感動に包まれます。白いドレスの桜咲彩花さんと幻想的に踊るバックでは、菜那くららさん、羽立光来さん、乙羽映見さん、綺城ひか理さんら、歌が得意なメンバーが美しいコーラスを聴かせ、ダンスだけでなく歌唱偏差値も高いことを随所で実感します。

 2幕では、花組で上演された過去の作品などが蘇ります。真輝さんが「ファンシー・タッチ」、水美さんが「Manhattan」をソロで歌うシーンや、男役が黒燕尾、娘役が黒いドレスで踊る正統派なシーン、男役たちがマフィア風味のストライプスーツで踊るマイケル・ジャクソンナンバーなど、みどころ満載。

 さらに、外国人シンガーのような声が魅力の仙名彩世さんが歌う「Yesterday」、桜咲さんの透き通るような「Amazing Grace」は、いずれも胸に沁みわたり、清浄感に満たされるよう。

 全員が心の底から楽しんで歌い踊っている様子は、客席をも笑顔にしてしまう。キラキラ輝く22人の姿が、まぶしくてたまりませんでした。

 懐かしい曲に当時を思い出し、バラエティに富んだ選曲に引き込まれながら、またたくまにラストへ。テーマ曲の「New Wave!」で、全員が弾けます。初日には、客席のお客さんにも協力を求めて一緒にウェーブ体験。会場まるごと、大いに盛り上がりました。

 99周年の最後に.たっぷり魅せてもらった、花組の次世代パワー。次は100周年の幕開けに、月組へバトンタッチです!

【フォトギャラリーはこちら】

◆バウ・ショーケース「New Wave!‐花‐」
《宝塚バウホール公演》2013年12月12日(木)〜12月22日(日)
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/371/index.shtml

《筆者プロフィール》さかせがわ猫丸 大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ