マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(4)中川、悲しみの海が一気に広がる

2013年12月25日

写真:「CHESS in Concert」公演より「CHESS in Concert」公演より=撮影・岩村美佳

 中川は、歌で物語を表現することの進化が明瞭に見て取れた。衝撃的だったのは「Pity the Child」。この1曲だけでフレディの人生を凝縮して歌い伝える。その悲しみの深い海が一気に広がって、底に沈んでしまいそうになった。フレディがチェスの精(大野幸人)に操られるように試合を表現する場面、そのせめぎ合いに引き込まれ、見応えがあった。そして「Someone Else' s Story」が秀逸。フレディの奥底の思いに涙し、ここからアナトリー、フローレンス、スヴェトラーナが、吐露するそれぞれの思いに寄り添い涙した。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ