マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【トピックス】TBS新春ドラマ「眠りの森」
元宝塚トップの音月桂、バレリーナ役で出演

2013年12月25日
写真

 阿部寛が刑事・加賀恭一郎を演じて高視聴率を記録したTBSの日曜劇場「新参者」のスペシャル版ドラマ「眠りの森」が、2014年1月2日午後9時から、同系列で放送される。このドラマに、元宝塚歌劇団雪組トップスターの女優、音月桂が、バレリーナ役で出演する。(デジタル本部・橋本正人)

 「新参者」は、東野圭吾原作の「加賀恭一郎シリーズ」をTBSが2010年に連続ドラマ化したもので、東京・人形町を舞台に加賀が刑事として活躍する物語。初回視聴率は21.0%、平均視聴率は14.9%を記録し、2011年1月には新春ドラマ特別企画「赤い指」、2012年1月には映画「麒麟の翼」が公開された。

 今回スペシャルドラマ化される「眠りの森」は、加賀が人形町で所轄刑事として活躍する以前の、警視庁捜査一課の刑事時代の話。名門バレエ団の事務所で、ある男が殺され、バレリーナの1人が被疑者として事情聴取を受ける。さらに、バレエ団の演出家が毒殺され…というストーリー。いつもは冷静で硬派な加賀が、ヒロインのバレリーナ(石原さとみ)に、恋愛的な感情を抱く場面も垣間見られる作品となっている。

 音月は、事件の舞台となった高柳バレエ団のプリマで、日本を代表するバレリーナ・高柳亜希子を演じる。今回のドラマには、熊川哲也率いる「Kバレエ カンパニー」が協力しており、宮尾俊太郎らがダンサー役で出演。音月もKバレエのスタッフから指導を受けながら、バレエにすべてを賭けて生きる亜希子の覚悟、毅然さを演じている。

 音月は「台本から想像する高柳亜希子は、プリマとしての責任や孤独、葛藤…色々なものを背負い戦っている、強いイメージでした。ですが、演じていくうえで彼女の弱い部分や同じ女性として共感できるところが増えてきて、どんどん彼女の気持ちが自分に入ってくるようになりました。どうぞ、お楽しみに」と話している。

【写真】新春ドラマスペシャル“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」より=TBS

【フォトギャラリーはこちら】

◆新春ドラマスペシャル“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」
《TBS》2014年1月2日午後9時〜11時33分
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.tbs.co.jp/shinzanmono/nemurinomori/

(関連リンク:音月桂「LDH」公式モバイルサイト)
http://m.ldh-m.jp/q?i=talent/otodukikei/index

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ