マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【月刊タカラヅカ増刊号】月組「風と共に去りぬ」
スカーレット 強くりりしく

2014年1月20日

 「風と共に去りぬ」の熱い風が、新年の大阪・梅田芸術劇場に吹いている。月組トップスター龍(りゅう)真咲(まさき)はエネルギッシュなスカーレット・オハラ。受けとめる専科の轟(とどろき)悠(ゆう)は風格たっぷりのレット・バトラー。実力を存分に出しあって、愛の火花が寒さを吹き飛ばす勢いの舞台だ。

 トップスターがスカーレットを演じるのは、1994年の一路真輝以来20年ぶり。プレッシャーをものともせず、龍がはじけている。

 ドレスのすそを翻し、ぴょんぴょんはねて生き生きと。「わっかのドレスはこっぱずかしかったけれど、もう違和感はありません」

【写真】「風と共に去りぬ」を熱演する轟悠(右)と龍真咲=大阪市北区、滝沢美穂子撮影

続き(有料部分)を読む


【フォトギャラリーはこちら】

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ