マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(6)初監督、15分なのに「間」を大事にしてしまい…

2014年1月21日

写真:瀬戸康史撮影・宮川舞子

――「D-BOYS 10th Anniversary Project」のショートフィルムフェスティバルで、初監督ドラマ「10年目の告白」があるんですよね。これはストーリーもご自身で考えられたんですか?

 どういう作品にしたいかを脚本家の方と考えて、僕はミステリーが好きなので「裏切り」とかが面白いんじゃないですかねと言ったら、そういう脚本をあげてくださって、自分でキャストも選んで彼らに演じてもらったんです。15分の作品なんですけれど、撮ってみるともっと時間が欲しいと思うところはありました。

――編集作業はいかがでしたか?

 初めてだったので、こういう感じで監督は編集作業をしているんだなと思いました。今回、「間」が大事な作品を撮ってしまったんですよ。だからそこを削るのが本当に嫌で、結構頑張って撮った絵なのに、これを切らなければいけないのか…と、すごく辛かったですけれど、でも音入れやカット割など楽しかったですね。

――また作ってみたいと思える機会になりましたか?

 今度はもう少し長いものを撮りたいですね!

――作品を作られたことで、自分が演じることに何か影響はありそうですか?

 今までは、例えば役が2時間の中でどう成長していくかみたいなことが一番大事だったりしたんですけれど、監督をやって、今回出演者が5人なんですけれど、5人の流れと作品全体の流れを見なければいけないので、いくら目があっても足りない感じはありました。けれどそこが楽しかったりして、そういう発見はありましたし、今後役者をやっていく上でそういう考え方をしたらさらに視野が広がるだろうし、物語により深く入り込めるんじゃないかと思いましたね。

――今後もたくさんの作品に出演されていくと思いますが、どんな思いで取り組んでいきたいですか?

 役者はずっと続けていきたいと思っています。25歳にして初めて監督をやったりして、最初は不安でしかなかったんですけれど、やってみると本当に楽しかったりする、そういう経験が出来たのが幸せでした。だから2014年も色んなチャンスが舞い込んできたときに、消極的にならずに積極的に、攻めの姿勢で色んなことをやっていきたいなと思っています。

――友達作りが難しいというくらいですから、ご自身を出すのはあまり得意な方ではないですか?

 でもこの作品で、栗原類さんや北乃さんなど友達が出来たので。

――少しずづ増えているんですね!

 (笑)。少しずつ頑張りたいと思います(笑)。

――トーク番組などはいかがですか?

 絶対に嫌です!!!(笑)ものすごく緊張します…。でも挑戦していかないといけないですよね。

――素が見えると、視聴者はそれも楽しいと思いますよ。お話も上手ですしね。

 ずっと下を向いていたらどうしよう…(笑)。頑張ります!

〈インタビューを終えて〉
 以前に何度か撮影させて頂いたことはあるのだが、インタビューをさせて頂いたのは今回がはじめて。人見知りで友達が少ないというのが嘘じゃないのかと思うぐらいにお話が上手だなと思った。インタビュー後、編集担当者が「本が好きですか?」と質問。長い文章ですらすらと答え、その組み立てが上手いから、本を読むのが好きなんじゃないかと思い聞いたそうで、「好きです!」とおっしゃっていた。

 以前に撮影させて頂いたとき、ファインダーから覗いた彼の瞳に吸い込まれそうになったことを強烈に覚えている。あんな瞳を持つ人はそうそういない。だから特に映像で活躍が続いていることに納得してしまうのだ。2013年は休む暇がないんじゃないだろうかというぐらいの大活躍。2014年も年初から忙しそうだ。今後について伺ったとき、即座に「攻めの姿勢で」と答えたのが印象に残っている。ぜひスクリーンや画面に映った瀬戸さんの瞳の奥も覗いてみてほしい。(岩村美佳)

【フォトギャラリーはこちら】

◆ドラマ「ロストデイズ」
1月11日から全10話 毎週土曜よる11時10分 フジテレビ系列で放送
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.fujitv.co.jp/lostdays/index.html

◆映画「僕は友達が少ない」
2月1日(土)から全国ロードショー
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.haganai-movie.jp/

(関連リンク:瀬戸康史オフィシャルブログ)
http://ameblo.jp/koji-seto-we/

(関連リンク:「D-BOYS 10th Anniversary Project」)
http://www.d-boys.com/10th/

《インタビュアープロフィール》岩村美佳 フリーランスのフォトグラファー、ライター。舞台関係、ファッションなどを中心に撮影してきた経験をいかし、ライターとしても活動している。「目に浮かぶ言葉」を伝えていきたい。

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ