マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)リードする側が、リードして頂く側になって(笑)

2014年1月24日

写真:音月桂撮影・宮川舞子

――阿部寛さん、石原さとみさんは映像で活躍する俳優さんのなかでも、トップで活躍されている方だと思いますが、ご一緒されていかがでしたか?

 阿部さんは、私がいち視聴者として映像を拝見している印象のままでした。すごく紳士的な方で、あと本当に背が高いんですね!私は女性の中で高い方ですけれど、私から見てもすごく高いんです。すごく素敵な方だなと思いました。あまり多くを語られないんですけれども、私も緊張しつつ話しかけたら気さくに答えてくださって会話が弾んできて。宝塚のときはひとつのカンパニーにいましたから演出家の先生もスタッフさんも生徒もいつも同じなんですけれど、今は毎回現場によって違うので、女優としてスタートしてからそれがやっぱり緊張するというか。お仕事だけじゃない、現場に対する緊張感がすごかったんです。でも少し慣れてきたので、今回せっかくだから色々お話し出来たらいいなと思って。阿部さん、石原さん、他の皆さんとも待っている時間にお話し出来るようになりました。石原さんはプロだなというか、バレリーナとしてもそれを今までやっていたんじゃないかというくらい表現力がすごくて、そういう意識の高い方々と共演出来て勉強になりました。皆さんの個性豊かな芝居を近くで見れたのが幸せでしたね。

――私は以前石原さんを撮影させて頂いたことがあるのですが、カメラを向けた途端にスイッチが入って驚いたことを覚えています。

 そうかもしれないですね。普段はほわぁっとした方なんですけれど、瞬発力がある方ですよね。本番になったときに、すごくエネルギーが放出される感じがしましたね。

――バレリーナとして一緒に芝居するのはぴりっとしましたか?

 今回の作品ではあまりライバル的な要素はなかったですけれど、実際にバレエ団の中だったら、声に出さずともプリマドンナを務めたいという意識は皆さんあるだろうし、ピリピリしたものはあるでしょうね。それが相乗効果で良くなることももちろんあるでしょうけれど。色々な方々の迫力に負けないようにしなきゃなと思いました。

――Kバレエカンパニーの宮尾俊太郎さんとは一緒に踊られたんですよね。

 今まで自分がリードする側だったんですが、リードして頂く側になって(笑)。男性ではありますけれど、同じバレエをするということで、例えば「手先をこうしたほうが美しく見えますよ」とか、バレエの基礎だけではなくて表現の仕方みたいなものを色々教えて下さって、すごく発見がありました。私も一応バレエを習い事としてはしていたんですけれども、バレエをプロとしてはやっていませんでしたから。男役に関してだったら、それを十何年も追求していたので色々アドバイス出来ることもあるじゃないですか。それと一緒で宮尾さんもやっぱり追求されていらして、今までに学んだこと全てはもちろん無理ですけれども、細かく教えてくださって。こんな気持ちで踊っているんだなとか、色々と知ることが出来ました。私がいた宝塚とはまた違う舞台、「生もの」の場所で勝負している方から、すごく有り難いお言葉をたくさん頂き、見せ方の勉強をさせて頂きました。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ