マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(4)ビートたけしさんと共演、オーラが…

2014年1月24日

写真:音月桂撮影・宮川舞子

――テレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル「黒い福音 〜国際線スチュワーデス殺人事件〜」とNHK木曜時代劇「銀二貫」にも出演されるそうですね。

 どちらもお話を読ませて頂いて、とても面白い作品だと思いました。「黒い福音」はビートたけしさんが出演されるんですよ!

――こちらもたくさんの方がご覧になるのではないでしょうか。

 そうですよね!たけしさんとご一緒させて頂く場面を撮影したんですけれど、オーラが違います。オーラってこういうことを言うんだと思いました。今までオーラがある、ない、という世界にいましたけれど、いまいちよくわからなかったんです。それが感覚としてわかりました。共演させて頂く機会を頂いて幸せですね。今後あるかどうかわからないですから。1年目にして貴重な体験をさせて頂きました。

――「銀二貫」は時代劇だそうですが、はじめてですよね?

 はじめてです。時代物の芝居はありますけれど。

――どんな役なんですか?

 主人公のお母さんの役です。武家の奥様です。

――時代劇はいかがでしたか?

 やはり違いますね。衣装も全く違いますし、カツラもありますし…撮影現場の空気感が違いますね。何で違うと感じたんだろう…。ちょっとはっきりわからないんですけれど。でも日本物が大好きなので嬉しかったです。宝塚の下級生の頃から日本物が多かったですから、もちろんそれとは違いますけれど、戻って来れて良かったなと思いますし、もっと色んな時代劇に出てみたいと思います。なんだか日本人の血が騒ぐ感じがしますね。女性が慎ましくて、3歩下がっている感じ。だから我が子に対して声をかけるシーンもあるんですけれど、武家の家の男子なのでいくら母親でもちゃんと彼をたてるし、そういう現代にはない美しさみたいなものを体験出来て良かったと思います。

――NHKの作品ですし、いつか大河ドラマにも…

 声を大にして「出たい!!!」と言いたいです(笑)。NHKさんは国を超えて世界でも放送されているし、NHKに出演出来るというのは嬉しいですね。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ