マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)芝居の巧さを見せつけた福士

2014年1月28日

 忍びの頭領の娘、火垂を演じた比嘉は、本作が初舞台。キュートなルックスと、負けん気が強い役柄やハードなアクションのギャップで楽しませる。コミカル重視の演出のため、仲間を裏切った才蔵の命を狙いながら、同時に彼を愛するという複雑な心情の描きこみがややあっさりしていたのは残念。ここが深堀りされていると、より一層女性の共感を呼ぶキャラクターになったのではと感じた。

 そのほか、顔がそっくりという設定の根津甚八と豊臣秀頼の二役を演じ分け、芝居の巧さを見せつけた福士誠治、寡黙で実直な槍の達人、由利鎌之助役で見事な殺陣を披露した加藤和樹、彼ら真田十勇士を執拗に追う忍び・仙九郎を、得意のアクションを駆使し、クレイジーな魅力たっぷりに演じた石垣佑磨など、個性をぶつけ合う若手キャストの化学反応が楽しい。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ