マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【公演評】舞台「真田十勇士」
映像駆使、ライブコンサートのような新感覚時代劇

2014年1月28日

 日本テレビ開局六十年特別舞台「真田十勇士」が東京・青山劇場で上演中だ。主演の中村勘九郎をはじめ、松坂桃李、比嘉愛未、加藤和樹、真矢みきら、映像や舞台で活躍する人気俳優が集結。また、脚本に演劇界の重鎮マキノノゾミ、演出に映像界のカリスマ、堤幸彦が当たるなど、制作・キャストともに豪華な顔合わせで、上演前から話題沸騰の作品だ。(フリーライター・岩橋朝美)

 ストーリーは、戦国時代の終わりから江戸時代のはじめにかけて、豊臣方の伝説的武将として名を馳せた真田幸村と、彼に仕える個性豊かな10人の家臣「真田十勇士」の活躍を描く時代劇。忍者の猿飛佐助をはじめとする、真田十勇士は全員が空想上の人物で、大正時代から小説をはじめ数々のエンタテインメント作品で描かれてきた人気キャラクター。本作では、さらに天才軍師として知られる真田幸村は、実は幸運な偶然が重なっただけの平凡な人間だったというフィクションを織り込む。虚像と実像の間で思い悩む幸村に出会った佐助が、彼を本物の名将に仕立て上げるべく仲間たちを集め、凄腕軍団「真田十勇士」の評判を広め、徳川との戦いに挑んでいく。

 多数のスポットライトを使ったヴィヴィッドな照明や、映像を次々と切り替える派手なプロジェクションマッピングなど、まるでライブコンサートのような高揚感をあおる演出で、幕開け早々に観客の度肝を抜く。また、役者たちも負けておらず、キレのある殺陣やワイヤーアクションなど、体を張った芝居で魅了する。

【写真】「真田十勇士」公演より

続き(有料部分)を読む


【フォトギャラリーはこちら】

◆日本テレビ開局六十年特別舞台「真田十勇士」
《東京公演》2014年1月7日(火)〜2月2日(日) 青山劇場
《大阪公演》2014年2月7日(金)〜2月19日(水) 梅田芸術劇場メインホール
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.ntv.co.jp/sanada60/

《筆者プロフィール》岩橋朝美 フリーエディター、フリーライター。WEBおよび出版を中心に、企画、編集、取材、執筆を行う。エンタテインメント、女性、仕事など、幅広いテーマで活動。

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ