マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)センターで王子様らしいキラキラをふりまく、美弥

2014年1月28日

写真:「New Wave!‐月‐」より「New Wave!‐月‐」より、(赤い衣装を着用)左から、珠城りょう、美弥るりか、宇月颯、鳳月杏=撮影・廣江修

 花組が「ダンスの花組」と呼ばれているとするなら、月組は「芝居の月組」。いずれもファンの間に流れる定説で、あくまでもイメージなのですが、それも納得できるような、達者な空気感は確かにあるかもしれません。歌やダンスのシーンが続く中にも芝居心が香るのは、気のせいだけではないはず。同じショー形態でも、組によってまったく雰囲気が異なるのも、宝塚の5組制度ならではの面白さですね。

 オープニングは4人が銀ラメのサンバ衣装に身を包み、過去作品のメドレーで展開します。「情熱の翼」「UNO」「EL VIENTO」と、いかにも月組らしい名曲が続き、組ファンなら特に感慨もひとしおでしょう。歌詞の中に「月組、サイコー」というかけ声も織り込みながら、舞台と一緒に客席もスタートからテンションUPです。

 若手メンバー紹介の後は、4人が客席に降り、ムーディーにアレンジされた「Do you wanna dance?」でお客さんを次々と悩殺、さっそくメロメロに。この距離の近さがバウ公演の良さなんですよね。

 4人のメインメンバーは、それぞれ強い個性を持っていて、今回のステージではそれがいかんなく発揮されていました。

 メンバー最年長となる研11の美弥さんは、大きな目が印象的な美貌の持ち主ですが、低音が魅力の演技派。冷酷なドイツ軍将校から青春高校生やハッカーまで、幅広い役づくりでいつも驚かせてくれますが、今回はショースターとしてセンターに立ちます。歌もダンスも安定の実力で、小柄ながら王子様らしいキラキラを終始ふりまいていました。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ