マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)大劇場ではお目にかかれないシーンの連続、宇月

2014年1月28日

写真:「New Wave!‐月‐」より「New Wave!‐月‐」より、左から、晴音アキ、宇月颯=撮影・廣江修

 いるだけで周りをもパッと明るくしてしまう宇月さんは、シャープなダンスで常に若手をリードしています。そんな宇月さんが中心となったダンスがたっぷりと楽しめたのも、今公演の良さでした。特に2幕の「リベル・タンゴ」では、切迫するような音楽と共に本格的なタンゴが味わえ、大劇場のショーでもあまりお目にかかれない迫力あるシーンの連続で、宇月さんの切れ味鋭いダンスも見ごたえたっぷり。

 月組にはかつて桐生園加さんという、ダンサーでなおかつ味のある魅力的な生徒さんがいましたが、彼女ならそのラインを継ぎつつ、さらに大きく成長できるのではないでしょうか。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ