マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【公演評】宝塚・月組「New Wave!‐月‐」
シックで硬質な雰囲気で…「月組、サイコー」

2014年1月28日

 宝塚月組バウ・ショーケース「New Wave!‐月‐」が、1月18日に初日を迎え観劇してきました。。昨年末に上演された花組バージョンに続くもので、月組では美弥るりかさん、宇月颯さん、鳳月杏さん、珠城りょうさんを中心に計22名が、若いエネルギーに満ちたパワフルな舞台を披露。花組とは一味違った雰囲気も見逃せませんでした。(フリーライター・さかせがわ猫丸)

 この「New Wave!‐月‐」は前作の花組同様、これまで上演されてきた月組作品を彩る名場面や、広く愛されている名曲の数々を、歌とダンスで繰り広げるエンターテインメントショーです。

 花組から続くシリーズとはいっても、組が違えばカラーもガラリと変わるのが、今回の最も大きなみどころ。花組は元気一杯弾けたポップさと柔らかさが印象的でしたが、今回の月組は、元気さの中にもシックで硬質な雰囲気が感じられ、まったく別ものの公演のようでした。

 はっきりとした華やな容姿が魅力の美弥さんを中心に、ダンスで若手メンバーを引っ張る明るさいっぱいの宇月さん、鋭いまなざしがクールな鳳月さん、立ち姿の美しさで群を抜く珠城さんを筆頭に、若手メンバー全員が歌にダンスに得意分野を見せつけます。

 バウでは珍しい生バンドの迫力と客席降りでの熱いコミュニケーションで、場内の興奮はやっぱり「ニューウェーブ」。

 宝塚100周年のバウホールの第一歩を華々しく飾りました。

【写真】「New Wave!‐月‐」より、左から、美弥るりか、咲妃みゆ=撮影・廣江修

続き(有料部分)を読む


【フォトギャラリーはこちら】

◆バウ・ショーケース「New Wave!‐月‐」
《宝塚バウホール公演》2014年1月18日(土)〜1月28日(火)
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/378/index.shtml

《筆者プロフィール》さかせがわ猫丸 大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ