マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)唸るブレイクのベースと魂の対話

2014年2月4日

写真:「DANCE TO THE ONE 〜A Tap Dancer’s Journey〜」公演より「DANCE TO THE ONE 〜A Tap Dancer’s Journey〜」公演より=撮影・宮川舞子

 「LISTENING TO THE DAWN」では、カモメの声や風の音が、朝の情景を描写する。このパートには、 アレックス・ブレイクのベースに焦点が当てられている。ベースと格闘するかのように、唸りながら重低音を轟かせるさまはソウルフル。ブレイクと熊谷の掛け合いは、魂と魂の対話といった趣きだった。

 続いて「MASH DEEZ IN THE CITY」。MASH DEEZとは、ドーランスの別の芸名。つまり、これは、ドーランスのナンバーだ。映し出されるのは、NYの街。都会の喧騒の中、強い意志と生命力漲る音が刻まれる。彼女のタップとウォルセンのエネルギッシュなドラムの応酬は、バトルのようでもあり、実に聴き応えがあった。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ