マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)マスターたちへのオマージュを込め華麗に

2014年2月4日

写真:「DANCE TO THE ONE 〜A Tap Dancer’s Journey〜」公演より「DANCE TO THE ONE 〜A Tap Dancer’s Journey〜」公演より=撮影・宮川舞子

 そして、「FOR THE MASTERS」。往年のタップマスターたちの写真が映し出される中、熊谷とドーランスがとても親密な雰囲気で挨拶を交わし、ステップを踏み始める。振付クレジットは「ニコラスブラザーズ」。1930年代、銀幕で活躍したタップの兄弟コンビへのオマージュを込めた、熊谷とドーランスの華麗なタップダンスで、しばしタイムスリップ。

 休憩を挟んで、後半最初の「“REUNION”」。同名のジャズのナンバーを演奏する。ウェアによるビブラフォンの柔らかな音色が印象深い。熊谷とドーランスは、今度は黒い衣裳で登場。軽快に、洒脱に、リズムを刻む。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ