マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(3)ロイド=ウェバーさんの作品は3作目

2014年2月7日

写真:「ラブ・ネバー・ダイ」制作発表より「ラブ・ネバー・ダイ」制作発表より=撮影・岩村美佳

田代:ラウル役を演じさせていただきます田代万里生です。僕も偶然ロンドンに行った時に、この「ラブ・ネバー・ダイ」の初演の上演期間だったので、劇場で観ることができました。本当に僕も立てなかったんですよね。カーテンコールで凄くハッピーに役者さんたちはお辞儀をなさって、観客も拍手をいったん送るんですけれども、その後ジーンとくるものがあったのが印象的でした。僕は、アンドリュー・ロイド=ウェバーさんの作品は「ウーマン・イン・ホワイト」と「サンセット大通り」の2作に出演させていただき、今回が3作目になります。本当に尊敬する方々ばかり、クリエイター陣も超一流の方々が世界中から集まってお届けできるということで、誰よりも自分がワクワクしているんじゃないかなと思っています。早くこのワクワクをみなさんにお届けできればなと思っております。ご期待ください。よろしくお願いします。

司会:ありがとうございました。続きまして、橘慶太さん、よろしくお願いします。

橘:はじめまして。ラウル役を演じさせていただきます橘慶太です。僕は初めてミュージカルに参加させていただくということで、とても緊張して眠れませんでした。ですが、本当に素晴らしい大先輩の方々がいらっしゃるので、少しでも背中に近づけるようにがんばらせていただきたいと思います。ありがとうございます。

司会:ありがとうございました。続きまして、彩吹真央さん、よろしくお願いします。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ