マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(1)梅若「どうなるのかがわからないのが一番面白い」

2014年2月17日

写真:「新版 天守物語」制作発表より「新版 天守物語」制作発表より

 本公演を企画したプロデューサーの西尾智子氏は、「本公演は、9年前に同じ泉鏡花の『夜叉ケ池』を上演して以来の念願の企画だったので、実現が叶って嬉しい」と語り、演出を担当する高橋正徳氏は「さまざまな分野でのバックボーンがある人たちによる『格闘技』で、今までにないような天守物語が創れれば」と意欲をみせた。

 総合監修をつとめる梅若六郎玄祥は「この作品は『どうなるのかがわからない』のが一番面白いところ。出演者は皆さんそれぞれ魅力的」と話すいっぽうで、自身が演じる近江之丞桃六について「じつは憧れの役で、これがやりたいがために天守物語をやったようなもの(笑)。集大成のようなつもりで臨みたい」とも。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ