マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集(2)娘役はバラに寄り添うかすみ草に

2014年2月24日

 それに、スタイルがよければいいというわけではない。品があり、美しいこと。いつも男を学ぼうという姿勢でいること。「立っているだけで、オッと思われるようになってほしい」

 娘役志望の生徒には「かすみ草のようになれ」という。女が演じる男の相手をするのだから。かすみ草はどんなバラ(男役)に寄り添っても、そのバラを豪華に見せることができる。

続きを読む

戻る

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ