マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集【夕刊タカラヅカ100周年】雪組コンビ、夏の旅立ち
壮「3作(大劇場)に凝縮してやめようと」

2014年2月24日

 きびきびと雪組をひっぱるトップスター壮(そう)一帆(かずほ)。愛らしく支えるトップ娘役の愛加(まなか)あゆ。信頼で結ばれたコンビが8月いっぱいでの退団を発表した。別れの夏になる。

 壮は13日、大阪市内のホテルで会見した。19年間の宝塚生活。「たくさんの壁に直面したけれど、乗り越えられたのはファンの激励のおかげ。さまざまな人に出会い、経験し、人生の最も輝かしい日々でした」と感謝の思いを語った。

 宝塚音楽学校に入学したのは1994年。48・25倍という過去最高の難関を突破した82期生だ。96年の初舞台後は花組と雪組の間を3回の組替えで行ったり来たりした。

【写真】退団会見に臨んだ壮一帆=河合真美江撮影

続き(有料部分)を読む


【フォトギャラリーはこちら】

バックナンバー

宝塚歌劇一覧へ>> 舞台一般一覧へ>> 動画掲載記事一覧へ>> 過去記事一覧へ>>

過去記事一覧へ>>

ページトップへ戻る

Astandについて個人情報著作権利用規約特定商取引会社案内お問い合わせ