マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【トピックス】「セレブレーション100!宝塚」制作発表
「恥ずかしげもなく理想を追う」純粋さを観てほしい

2014年3月14日更新
写真:「セレブレーション100!宝塚」制作発表より=撮影・宮川舞子 「セレブレーション100!宝塚」制作発表より=撮影・宮川舞子

 5~6月に東京、愛知、島根、そして大阪にて上演が予定されている「セレブレーション100!宝塚 ~この愛よ永遠に~」は、宝塚歌劇の歴代スターが勢揃いする豪華イベントだ。(フリージャーナリスト・中本千晶)

 ACT1のオープニングメドレーでは、レギュラーメンバーである元トップスターが在団中に出演した作品にちなんだ懐かしの曲の数々を歌う。また、ACT2では、日替わりで「ベルサイユのばら」「エリザベート」「風と共に去りぬ」のコーナーがあり、スペシャルゲストも登場して、各作品にちなんだ名曲を披露する。

 これに先だって3月5日、東京會舘にて制作発表会が開催された。ポスター撮影時と同じドレスを身にまとった歴代トップスター、トップ娘役11名がズラリと並んだ様子は、宝塚歌劇100周年を彩るに相応しい華やかさ。各スターが語る一言一言には、「100周年」への想いと、宝塚歌劇への愛がそれぞれに感じられた。

 以下、そんな想いのこもった「一言一言」を中心に、この制作発表会の様子をお伝えしよう。

続き(有料部分)を読む

【フォトギャラリーはこちら】

◆「セレブレーション100!宝塚 ~この愛よ永遠に~」
《東京公演》2014年5月18日(日)~6月8日(日) 青山劇場
《愛知公演》2014年6月13日(金)~14日(土) 愛知芸術劇場大ホール
《島根公演》2014年6月20日(金) 島根県民会館大ホール
《大阪公演》2014年6月24日(火)~30日(月) 梅田芸術劇場メインホール
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.umegei.com/celebration100/

《筆者プロフィール》中本千晶 フリージャーナリスト。宝塚歌劇に深い関心を寄せ、独自の視点で鋭く分析し続けている。主な著作に『宝塚読本』(文春文庫)、『なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか』(小学館新書)、『タカラヅカ流世界史』(東京堂出版)など。2014年4月には『タカラヅカ100年100問100答』(東京堂出版)を出版予定。NHK文化センター講師、早稲田大学非常勤講師。