マイコンテンツ

ここから本文エリア

特集 (3)梅丸:なんと可愛らしい!女形の美しさを堪能

2014年5月14日更新

 亀姫役の中村梅丸さんが可愛らしいこと! 現役高校生の若手女形として、高い人気を誇っているというのもうなずけます。おっとりとした品のある身のこなしで、歌舞伎の女形ならではの美しさをとくと堪能させてもらいました。

 亀姫のおつきとしてやってくる朱の盤坊を狂言の茂山さんが、舌長姥を歌舞伎の中村京蔵さんが演じ、何度も笑いを誘います。朱の盤坊による能楽師独特のすり足や軽快な身のこなしに目を奪われ、舌長姥はその長い舌で不気味に生首を舐めまわすなど独特な空気感で場をさらう、これぞ異種な世界が一つの舞台で溶け合う豪華さではないでしょうか。

 腰元たちが客人をもてなすため、下界へ釣り糸を垂らして、まるで魚釣りのように草花を手に入れたり、亀姫の手土産が生首でも誰ひとり驚かないなど、シュールな世界が次々と展開し、ここ天守は異界なのだと思い知らされるのも面白いところ。

戻る 続きを読む