マイコンテンツ

ここから本文エリア

お知らせ

WEBRONZA × STARFILE 最新記事はこちら
  • スターファイルは2016年12月1日から、朝日新聞デジタルのサイトWEBRONZA文化・エンタメジャンルに場所を移し、記事を配信しています。これに伴い、11月24日から、過去のコンテンツを全文無料公開しました。12月1日以降は、WEBRONZAの購読・解約ページより手続きをお願い致します。
新着フォトギャラリー
写真 写真 写真 写真 写真 写真

特集 【トピックス】「ピーターパン」「ロック・ザ・バレエ2」出演
大貫勇輔、注目のダンサーが見せる新たな挑戦とは

2014年7月3日更新

 端正な顔立ちにすらりと伸びた手脚。彼が今最注目の若手ダンサー、大貫勇輔だ。2011年には、小池修一郎演出のミュージカル「ロミオ&ジュリエット」で“死のダンサー”に抜擢。それをきっかけに、2012年には小池演出の「キャバレー」で俳優デビューを飾るなど、活動の幅を広げる彼に、次に控える舞台「ピーターパン」、「Rock the Ballet 2(ロック・ザ・バレエ2)」について話を聞いた。(フリーランスライター・黒石悦子)

 今年で34年目を迎えるミュージカル「ピーターパン」では、“史上最年少”という触れ込みでフック船長とダーリング氏の二役に挑戦するが、史上最年少ということに気負いはない。ダンサーとして活躍する大貫だけに、史上初の“踊るフック船長”が見どころだと話す。「本当、笑えるくらい踊るんです(笑)。歌って踊ることってこんなに大変だとは…。跳んで回って、技を見せてから歌うので、ペース配分や、歌うときと踊るときのボディのポジションをしっかり考えながら稽古しています」。

 一方、「ロック・ザ・バレエ2」は、世界的に有名なダンサー、ラスタ・トーマス率いる技巧派ダンスカンパニーBAD BOYS OF DANCEの最新作。そのカンパニーメンバーとして、日本公演に出演する。「BAD BOYSはすごく身体が利くダンサーが集まっているんです。ひとつのジャンルにとらわれていないダンサーたちなので、何が出てくるかわからないところが魅力。その中で僕もオリジナリティや日本人らしさが出せるように、ダンスセンスを鍛えるトレーニングをしているところです。なかなか難しいんですけどね(笑)」。

※有料ページでは、「ピーターパン」の魅力、フック船長・ダーリング氏役への向き合い方、「ロック・ザ・バレエ2」で世界的ダンサーと競演することに対しての意気込みなど、詳しくご紹介します。

〈大貫勇輔さんプロフィール〉
 7歳よりダンスを始め、17歳よりプロダンサーとして数々の作品に出演。バレエ・ジャズ・コンテンポラリー・モダン・ストリート(ブレイク・ポップ・ハウス・ロッキング・ヒップホップ)アクロバット・体操等多岐に渡るジャンルのダンスを踊りこなす、稀有なダンサー。祖父は、オリンピックの体操種目強化選手、叔母や母も元体操選手という生粋のサラブレッド。その身体能力の高さがダイナミックなダンスに活かされている。2011年ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」で、死のダンサー役に大抜擢。その後2012年にはミュージカル「キャバレー」で俳優デビュー。その後、イスラエルで最も注目を集めるアーティストであるインバル・ピント氏や、コンテンポラリーダンスの巨匠マシュー・ボーン氏といった世界中の演出家にも次々と大抜擢されている。今、最も注目すべき若手ダンサー。2014年には、アメリカ出身でヨーロッパ他全世界で好評を博している、ラスタ・トーマス率いるダンスカンパニー「BAD BOYS OF DANCE」に参加し、世界ツアーに参加。また、2014年3月にパリで行われた世界的ダンス大会「JUSTE DEBOUT」に日本代表として出場。

続き(有料部分)を読む

【フォトギャラリーはこちら】

◆ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」
《神奈川公演》2014年7月13日(日) KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>
《東京公演》2014年7月20日(日)~31日(木) 東京国際フォーラム ホールC
《広島公演》2014年8月2日(土) 広島文化学園HBGホール(広島市文化交流会館)
《大阪公演》2014年8月9日(土) 梅田芸術劇場メインホール
《青森公演》2014年8月16日(土) リンクステーションホール青森
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://hpot.jp/stage/peter2014

◆「Rock the Ballet2」
《東京公演》2014年8月28日(木)~31日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
《大阪公演》2014年9月2日(火) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
⇒内容については公式ホームページなどでご確認下さい。
http://www.umegei.com/schedule/348/index.html

(関連リンク:大貫勇輔オフィシャルサイト)
http://www.yusukeonuki.com/

《筆者プロフィール》黒石悦子 兵庫県出身。情報誌の演劇担当を経て、フリーライターに。演劇、映画などエンタテインメントを中心に、雑誌やWEBなどで執筆。グルメや街歩きスポットなどの取材・執筆も行う。